読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世界にありがとう

君にハマリウス!

ワタシの初🌹Sexy物語

お早うございます、朝の8時です。
(これは本当。途中誤字脱字のために書き直ししてますが、原文打ち始めたのはその時間。)

 

今回は

Sexy Zone presents Sexy Tour 2017~STAGE 

福岡公演
にいってまいりましたあ!!!!!!!

 

⚠️お先に申し上げますがネタバレ少し含みます。
もしネタバレ苦手なお方でしたらそっと画面を消しましょう…

 

実をいいますと私

Sexy Zoneのコンサートが初だったんです。


というのも沼に落ちたのが昨年の話。

いつのまにかセクチャンをみていてハザマリウスくん一気見夏休みを経て、FCに気づいたら入っていていつのまにか聡ちゃんカラーの会員証を手にしてアルバムを手にしながらシブツタに入り浸り…
という流れ。


ツアーは応募し横浜公演が当選していました
それはそれで最高!ハッピーマリウス!


ただ、ちょっとだけ心残りが。
色々遡りますと、わたくし生まれも育ちも九州人のジャニヲタ。いまはSexy熱が強く少しあれですが嵐ファンもやってます。

 

嵐のコンサートについては上京する前、親の目がが厳しいことやアルバイト禁止の学校に通っており遠征費を一円も稼げないこと、子のみの遠征は基本的に困難。でも幸い一番近くにあった福岡は親同伴でなら…と許してくれました。私にとってコンサート=福岡。思い出の現場。優しいことに母親は名義を1つ増やしてくれて…感謝です。

(気づかないうちに契約更新してませんでしたけど。それは更新やめる前に欲しかった…いきなり会報1つしかないのはびっくりしたから!!)まあ、そこはいいとして。

 


そういう経緯がありわたしの中ではコンサートの原点といいますか、必ず行っていたのは福岡での公演。だと考えるとやはり初めてを味わうなら

 

…福岡だな

と、諦めることができませんでした。

 

進学に伴う上京で行動範囲が広くなったりアルバイトが可能になり遠征してみようと決めました。


それからわたしは学校の新年度行事スケジュールとにらめっこ。もしダメなら…と思ったら偶然にも全ての新年度行事スケジュールと福岡公演が調整することで普通に行けることが判明。

これはもう…運命ではないか?と感じながらチケットを探すことにしました。

 

といっても駄目元です…すると!

ご縁があり見つけることができました!

 

そこから飛行機の手配はパパパッと決まりました。先ほど申し上げたように九州人なので福岡に友人が多くまた運良くヲタクもおり(遠征の説明を事細かにしなくてもざっくり話せば急に行くことを理解してくれるという利点があります)宿泊先もすぐに決まりました。ほんとにありがとう。彼女にはお土産に彼女がSexy Zoneで推すなら佐藤勝利!だったので彼のフォトセットを購入致しました、沼に落とすためにも…今回は落ちませんでした。

 

ついに当日。

朝空港へ行くためとてつもない早起き。
この時点からドキドキワクワクしすぎて胃がムカムカしてました…
電車も飛行機も一睡もしないまま福岡へ。


元気しとった??おひさ!
お腹すいたな!ラーメン!明太子!うどん!


なんて暇もなくマリンメッセ直行。
もちろんグッズ列もセクゾはお初。
嵐のグッズとなにか違うのかな?

と思いましたが…そほど変わりはありませんでした。
マリンメッセなのかヤフオクなのか違い。
2時間待ちで購入。会場限定もなんとか…

(様々な情報で心が乱れまくりましたが)

あえていうなら並んでいる子の年齢層が若い!そこくらいです。

その後は1人で多分聡ちゃんが上げていたものと同じラーメンを食べたり1人博多駅を満喫。

 


そして開場時間。 


私の胃のムカムカ具合は正直ドキドキワクワクがMAXに達し最悪な状態、かつ三時半から起きていた為に疲れと眠りのピークに。


こりゃあいかん!こんなんじゃ本番別の意味で死ぬ!それはダメ!失礼!

 

と思い胃が荒れているの関係なしでレットブル1缶ドーピングを施しいざ入場。


ここだけの話マリンメッセにコンサートで入るのは始めてでした。

以前中に入ったのはマ○○ビ主催イベント。

そのときとはまったくちがうマリンメッセにびっくり仰天。イベント内容があまりにも異なるから当たり前は当たり前なんですけど。
イベント内容が違うだけでここまで変わるもんなんだな日本の技術すっげぇな!(どこもそうだろう)

 

そしてスタンドなのに割と距離が近い!
嵐のドームと比べると近い近い!(比べちゃいけない規模だからあれ実際)


ただ、1人なので心細さは変わらずじまい。
様々な不安とドキドキワクワクが重なり先程の比にならないくらい胃が気持ち悪い…(弱すぎ)

 

そして本番数分前
眠気は飛んだものの胃のムカムカはまったく治らずその状態でコールを始めることに。


18:30:00

会場は暗くなり映像が始まる。

出て来ました!Sexy Zone

 

…生きてる!生きてるよ!生きて…あっ!


私的お決まりのフレーズをぶっ飛ばしライブスタート。

それと同時にさっきまで胃が…となっていたのが嘘かのように吹っ飛びました。

 

魔法の薬!合法薬物!(表現)

 

とにかく全てが最高でした。
それにしてもマリウスの可愛いとイケメンの具合が半端じゃなくて…もう…もう…息できない…
聡マリは聡マリだししょりまりは突然やってくるし健マリの健ママ爆発するし風マリはあまあまだしとにかくマリに甘くないか福岡なんかあった???状態(私的マリと絡む兄たちとの感想)

 

いつもは借りているのですが今回は初めて双眼鏡(ちなみにVixen アリーナH8×21WP)購入して持参しました。


しかし、右目しかピントが合わず覗く時は右目のみでした。(不良品なのか?と思いましたが、帰宅後調整したら左もピントがあったので自分の準備不足でした)
でも!その片目がピントどんぴしゃにはまりステージでふざけたりおどったり舞ったりつまりまとめると、この世にSexy ZoneはCGではなくちゃんと存在することを確認できました。


なんとまあ美しい芸術作品いや生きる芸術


大きな声を出したり歌ったりして一体感があるなあ!と感じたのは初めてでした。


あのふまたんの方針?がよかったはたまた福岡は初参加の方が(わたしも含め)多かったのか
とにかく一体感も声量も素晴らしかったです。

誰目線だよお前〜〜!って感じでごめんなさい。

 

KQJはとって曲も大好きなので演出も驚いたし歌が始まると涙が止まらずじまい。涙を流しながらうっうっ…と唸りながら踊りました。
涙つながりですとダンケシェンとブレマイもよかったねよかったねマリウス、よかったね聡ちゃん!(親か)
それとマリの挨拶。

 


後半は涙が溢れる、というよりは

胸がいっぱいになり、

息もできないくらい…

いやでも本当に途中しなさすぎて頑張って吸いましたけどね、真面目に危なかった(笑)

 

それほど胸がいっぱい。

呼吸を忘れることだけは過去にもありましたが

この「胸がいっぱいになる」感覚は

どのコンサートでもない初めてのものでした。 


満足したというか感動したというか楽しかったとにかく私のような語彙力の乏しい人間の場合だと言い表すための言葉が見つからない。すごくて胸がいっぱいで幸せでした。
こんな状態が始めてで。本当に。

 

あいさつと最後のSTAGEを通して
今までのこれからも応援していきたい、ファンでありたいという気持ちはより一層大きくなりこれまで以上にSexy Zoneが大好きになりました。

 

最後のアンコールのスタトロは本当に思ったよりも彼らが近くて驚きました。
スタンドで柵の準備が始まったのでもしや?これは?とおもったらやはりスタトロ。
しかも最初に来る子(メンステからスタトロに向かう子が最初誰なのか)目で追うと


心の声「ま、、、、マリウス!!!!嘘!ホント!」

 

実際の声「マッ、マッ、マッ、マ〜〜!マッ!」

 


隣の人引いた目していたな…
しかもトロッコが来たとき私の方(二階側)を見てくれたので本当に嬉しかったし生きていました…
ダブルアンコも粘ると本当に出てきてくれて…
あればかりは粘ったもの勝ちだと思いました。
飛行機ギリギリなのにほんとありがとう…

(あとで帰らなかったことが判明しましたが…笑でもあんな長い時間他公演ではなかったからさすがに色々時間の問題あったのかな?)

しかもまさかのDuバイ。すごい大合唱だった。

こんな大合唱もはじめてだし一体感半端じゃなかった。


サンキューシュクラン!

I love アナウヒッブキ

グッバイドゥバイバイ!

 

まさかの約3時間(正確には2時間48分?)公演は勝利のめちゃカワ

(☆u∂)すいとーよ!

で幕を閉じました。

 

と!に!か!く!

福岡行ってよかったです!
ケンティが言っていたように「運命とは自分で決めるもの」とはこのことだったと思います。

あの挨拶はなんだか今の自分にとても深くつきささるものでした。それこそいつのまにかSexy Zoneを好きになっていたのも自分で決めた?運命かなとか(笑)

 

そして今回”福岡に行く”という運命も自分で決めたものでしたね。

 

 

結局なにがいいたいかというと!

 

Sexy Zoneのコンサートは楽しかった!

○こんな胸いっぱいになった!

○やらない後悔よりはやる後悔!

(良い意味で)

 

 

以上がワタシの初🌹Sexy物語です。

長々と失礼しました。